ろりーた ファッションカルチャー

ろりーた ファッションカルチャー 2000年以降、急激に愛好家を増やしているのがろりーたファッションです。ろりーたファッションとは、初期MILKやカントリー調のスタイルのピンクハウスのような洋服に代表される、少女のあどけなさやかわいらしさにたくさんのフリルやレースを含んだファッションスタイルです。最初は東京や大阪などの日本の都市部で行われたファッションスナップなどで紹介された事がキッカケで全国に広がりました。

このろりーたファッションの特長は、バルーンスカートに象徴されるような海外の貴族の少女的な志向が強いストリートファッションです。中世のバロックやロココ、ヴィクトリアンといった中世に登場するようなお姫様のイメージが、日本の中の少女漫画に出てくるお姫様のイメージが混在し生まれました。日本の若者の間に着物が定着していないのと同じく、欧米とは宗教文化も生活様式も違う日本だからこそ、ろりーたファッションはリアルとフィクションを独自のファッションセンスで組み合わせて、現在のような自由なスタイルを編み出すことができたと言われています。

現在のろりーたファッションには、様々な種類があり、2000年頃よりも細分化されてきています。スウィート・ロリータと呼ばれる通称「甘ロリ」は、ふんわりしたワンピースであったり、ジャンパースカートなどをベースにリボンカチューシャやヘッドドレスなどを合わせたかわいい系のロリータスタイルです。ゆめかわいいファッションにも取り入れられているピンクやサックスなどパステル系の色が基本となっているので、ゆめかわいいスタイルの方も多く利用しています。さらに、クラシカル・ロリータと呼ばれる通称「クラロリ」というジャンルもあり、ろりーたファッションの基礎となった西洋貴族の子供服をモチーフとした上品な雰囲気が人気のファッションとなっています。これは、少し大人びたお嬢様のような雰囲気を持ったろりーたファッションです。お姫様のようなスタイルが、ろりーたファッションにチャレンジしたい方にとって憧れでもあります。2000年以降、急激にファンを増やしているのがゴシック&ロリータ、通称ゴスロリです。ゴシック&ロリータこそが、本来交わる事のないゴシックとろりーたファッションを混ぜ合わせた日本独自のファッション文化です。

このように、一言にろりーたファッションと行っても様々な背景やジャンルがありますので、ろりーた ファッションをきれいに見せるために知っておいて欲しい情報をまとめてみました。これからろりーたファッションにチャレンジしようと思っている方は、ぜひチェックしてください。

最新ニュース